読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空コメントアウト

WEBのこと、デザインのこと、ご飯のこと、趣味のこと。青空の向こうの誰かに届きますように。

コメントアウトってなーに?

// WEB開発の話

f:id:cocoro27:20150204014223j:plain

さいしょに

このブログのタイトルにもなっている「コメントアウト」という言葉。直訳すると【どうでもいいもの/たやすいもの】という意味があったようななかったような。
 
さておき、この言葉の説明はプログラミングの本とかに書いてあったりするんだけど、とても難しく見えてしまうので…ここで簡単にお伝えしようと思います。
 
にゃんこでも書けるコメントアウト講座!はじまります。
 
 
 

ぷろぐらみんぐ?

コメントアウトの主な利用場面はプログラミングです。機械を動かすために、機械の言葉で指示を出す文書を書くときってことですね。

機械語は機械のための言葉だけれど、それだけ書くと人間は読むの大変だよね、翻訳しなきゃいけないから。だから行間とかに日本語とか英語とかでコメントを残すのね。これがコメントアウト

つまり、機械語の文書の隙間に書く、人間のための(機械くんは読み飛ばす)いたずら書き的なものです。

機械は無視するからね、何書いてもいいんです。普通は補足説明とか書くの。でもあろえは日記とか書いちゃうな。

以下、機械語サンプル

 var unchi = Oshiri.pushOut();

 Oshiri.cleanUp();

 Toilet.flush(unchi);

 

 

 

コメントアウトの書き方

ちょーかんたん。
文の初めに「 // 」と書くだけ。
スラッシュ2本書けばもうそれはコメントアウト。引っ掻き傷2本あればもうそれはコメントアウト。ほら、にゃんこでもかける。
 
 
これでOK。
 
// コメントアウトじゃないですよ
 
嘘ついても無駄。これもコメントアウト
 
// 注意
// 改行の度にスラッシュ2本書くこと
 
ね、簡単でしょ?
これをさっきの機械語に混ぜると…こう。

 // う◯ちでちゃった
 var unchi = Oshiri.pushOut();
 // おしりを綺麗にします
 Oshiri.cleanUp();
 // 流します
 Toilet.flush(unchi);

 // はーすっきり
 // 下品でごめんね

 
 

まとめ

コメントアウトはスラッシュ2本。
他にもバリエーションあるんだけど、とりあえずこれ最初はこれだけ知っておけば大丈夫。これであなたもコメントアウトプログラマ

TOP