読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空コメントアウト

WEBのこと、デザインのこと、ご飯のこと、趣味のこと。青空の向こうの誰かに届きますように。

天王寺の焼肉屋「萬野」が美味すぎて泣いた

// ごはんとおかずの話 // ためにならない話

焼肉萬野  天王寺駅から徒歩30秒。
忘れてましたけどまいどです。あろえりーな(@aloerina_)です。
 


f:id:cocoro27:20160426204153j:image

品のいいカウンター。気安くスマホでパシャパシャするのが恥ずかしくなるような品の良さ。これが一眼レフなら話は違うのかもしれないとか考えつつ、ふだん行く雑い焼肉屋とは違った高級感にソワソワしつつもウハウハ。
 
 
f:id:cocoro27:20160426204213j:image
何を頼むか延々迷ったあげく結局メニュー表紙の写真で一目惚れしたユッケを注文。まずはユッケをつまみながらビールですよね、当然ですよね、なんてこなれ感を演出しながら神々しい黄身と赤身に手を合わせました。いただきます。
 

f:id:cocoro27:20160426204252j:image
こうじゃぁぁぁぁぁあ
(天丼てやつやな)
 

f:id:cocoro27:20160426204319j:image
そして届いたお肉様。ホルモン舗と名乗るだけあって、ホルモンの種類がすごい。しかもひと切れからオーダーできるからもう選び放題食べ放題(もちろんお金はかかりますけども)。といいつつ、無難にハラミロース。いいじゃない別に。
 

f:id:cocoro27:20160426204354j:image
このお肉ちゃんたちをわさび醤油でいただくのです。最近焼肉に欠かせない存在となってきたわさび。もう頭あがりませんよ、わさびさん。万能すぎる。ジェネラリスト。
 

f:id:cocoro27:20160426204414j:image
最後のシメにごはん物を…と思ったあろえはこいつを見逃さなかった。寿司三種の神器。寿司三国志。寿司どもえ。この握り3種盛りのとろける舌触りと溢れる旨味と容赦無い肉々しさに圧倒され、感動のあまり泣きながら食べるあろえなのでありました。
ちなみに、もちろんシメに至るまでの焼肉中も白飯を食べました。
 
 
 
いかがでしたでしょうか。
天王寺に来た時はやまちゃんたこ焼き!という方も多いとは思いますが、たまには趣きを変えてカウンター焼肉を堪能してみてください。
 
たこ焼き屋「やまちゃん」についてはこちら

 

セリフ「天丼てやつやな」についてはこちら

TOP