青空コメントアウト

WEBのこと、デザインのこと、ご飯のこと、趣味のこと。青空の向こうの誰かに届きますように。

あんぱんには牛乳を。eclipseにはGlanceインクリメンタルサーチを。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ごきげんよう。エンジニアのあろえりーなです。
最近勘違いされがちですが、フードファイターではありません。

得意な言語はJavaですが、Java統合開発環境といえばeclipseJavaスピーカーには必須のツールともいえるeclipseですが、今回はあろえeclipseを使うにあたって日本語化よりも先に導入するプラグインをご紹介します(備忘兼ねて)。

快適プログラムライフの道の第一歩!



インクリメンタルサーチGlance

最強のインクリメンタルサーチプラグイン、Glance。eclipse自体にも備わっている機能ですが、今ひとつ使い勝手が悪いので導入は必須です。

ちなみにインクリメンタルサーチとは、検索文字列を1文字入力するごとに検索結果がどんどん変わっていくアレです。これがあるとCtrl+Fなんて置換以外使わなくなります



導入方法のまとめ

1. ヘルプ>新規ソフトウェアのインストール
2. 右上「追加」を押す
3. ロケーションに「http://eclipse-glance.googlecode.com/svn/site/」を。
  (名前は何でもいいのでGlanceとか入れておく)
4. 表示されるGlanceのチェックボックスを選択して「完了」を押す
5. 後は指示のままに、規約同意&再起動



Glanceのロケーション

プラグイン導入の際は、そいつのソースの管理場所を知っていないといけません。Glanceも同様。ですので改めて記載。
Glance: http://eclipse-glance.googlecode.com/svn/site/



Glanceのいいところ

Glanceにあってeclipse標準インクリメンタルサーチにない機能はいくつかありますが、1つは出現箇所のハイライト。ソース上と、スクロールバーの右側に、該当箇所がハイライトされるのです。これがとても便利。

正規表現やら検索履歴やらがさくっと使えることも、当然に感じるけれど大事な機能です。設定画面があって、ハイライトの色やら何やら変えられるのも大きいです。フォントとか色とか、やっぱりこだわりたいですし。



ついでにホットキーの設定

eclipse標準のインクリメンタルサーチCtrl+Jにバインドされています(紐付けられています)が、これの代わりにGlanceをバインドさせましょう。もりもり捗ります。

1. ウインドウ>設定
2. 一般>キー
3. 「incremental search」で検索して、「crl+J」を選択してアンバインド
4. 「Glance」で検索して、「Open Glance」に「ctrl+J」をバインド

ちなみにあろえは「Close Glance」にもCtrl+Jをバインドしています。




おわりに

良い開発環境は、良い精神に宿ります。
本気にしないでください。

TOP