青空コメントアウト

WEBのこと、デザインのこと、ご飯のこと、趣味のこと。青空の向こうの誰かに届きますように。

就活生へ贈る最後のアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:cocoro27:20150325005651j:plain

 
結果が出なくて就活のノウハウ記事を読み漁っている人は、この記事を読んで以降もう何も読む必要はない。なぜならアドバイスはたった1つなのだから。
 
 
 

追記 2015/05/12

もうちょっと柔らかい表現で、できるだけわかりやすく、記事を書き直しました。少しでも役に立ったら嬉しいです。

 

 

 

結論

ノウハウやらアドバイスやらで言われ続けているくらいのことは、自分で考えてたどり着きなよ。教えてもらって知ったって、あなた自身は1歩も前進してないよ。
 
※ノウハウに書かれていることが正解で、必ずその答えに行き着けという意味ではないよ。どんな結論でもいいから自分で導き出して、それに従ってごらんという意味だよ。
 
 
 

内定取れない人の特徴

そんな人たちへのアドバイス記事は山ほどあるし、そのほとんどに当然のようにいいアドバイスが書いてあるのだろうけれど、そもそも「内定取れない人」なんていい加減な括りで捉えられてしまったいることが致命的だと思うよ。
 
 
精一杯就活して、最後の運や、際どい相性の差で内定が出ないのは、まあいい。これはいわば誤差みたいなもんでどうしたって起こり得る。
 
でも「50社落ちましたもうダメです」なんて言っていて、どの本にも書かれているような内定取れない人グループに入っている場合、それは不自然だよ。就活において致命的な欠点がある思う。
 
「内定取れない人」なんで括りにまとめられておきながら自ら脱却しないというのは、考えることをサボってるとしか思えないよ。
 
 
『 自分はそんなふうにはならないよ 』
就活する前に感じたその気持ちはどこに行っちゃったのさ。
 
 
 
 

どうすればいいか分からない

そんな馬鹿な。
徹底的に考え抜いても分からないって、よっぽどの難問だぜ?そんな難問なら、ほぼ全ての大学生は解けないよ。
 
それなのに分からないとはどういうことか。それは考えることを諦めてるということだよ。例を挙げてみようか。
 
 
「内定取るにはどうすればいいか分からない」
彼氏彼女つくるのと一緒だよ。好きな人かつ自分に合いそうな人って要素を良い塩梅で持ってる人を恋しいと思うでしょう。就職先だって同じじゃん。
 
 
「好きな仕事が見つからない」
世の中にある仕事をどれだけ調べたんだ、出直してこい。それは分からないんじゃない、調べるのサボってるだけだ。考えてすらいない。
 
 
「自分に合っているか分からない」
同上。本やネットにない情報は聞いてこい。
 
 
「面接に受かる方法が分からない」
受かる人との差は?徹底的に考え抜いてごらん。やり方は教えるから。

 
 
 
ほらね。
考えても考えても答えがでません、なんて段階には至ってないでしょ。
 
 
 
 

忙しくて時間がない

準備やら何やらに割く時間がないというのなら、就活なんかやめちまえ。
就活を最優先にするのが当たり前だ!と言っているわけじゃないよ。
 
 
時間は有限なわけで、やりたいことややらなきゃいけないことはいっぱいある。そりゃそうだよね。誰だって時間は足りない。だから優先順位をつけて実行していくんじゃんか。
「勉強より今は遊ぼう」「テスト前は寝ずに勉強する」「授業に出るよりバイトして稼ごう」全部順番つけてるじゃん。
 
 
同じだよ。
 
 
就活で結果が出なくて嘆くくらいなら、どういう優先順位にすべきか分かるでしょ。それをする気がないのに結果が出ないとか言うのは見てて恥ずかしいよ。
 
「忙しくて無理」は「優先順位付けをちゃんとしてないから時間取り損ねた」と言い換えよう。
 
 
 
 

ここからは文句

50社受けて落ちましたなんて言う人に聞きたい、お前には、今までの人生で50人もの人を本気で好きになれた経験でもあるのかと。
 
本気で行きたいところを相手に徹底的に就活しろよ。「落ちたときのために念のため〜」って、お前は一番好きな子に振られたときのために好みじゃない子にもアプローチかけとくのかよ。そんなことされたら誰だって怒るし『お前みたいな失礼はやつは嫌いだわ』と思うだろが。採用する側だって、保険で挑んできたお前なんざいらんわ。
 
勘違いしているのかもしれないけれど、「数撃ちゃ当たる」って自分主体のとき限定だぞ。どこかに採ってもらえたら…なんてスタンスで数撃っても無駄だ。気づけ。
 
就活って、採ってもらうんじゃないだろう。
自分が働く場所を選ぶことだろう。
 
 
 
 

手抜きしたけど成功したと自負する君へ

適当にやったけど上手くいったし〜適当なこと言うなし〜とか画面越しに言っている君は、世渡り術なのか会話力なのか学力なのか嘘つく能力なのか、何かしらを買われたことには間違いないよ。優秀だと思う。
 
その力でこれからもやっていけるかもしれないし、挫折するかもしれないけれど、こんなところで冷やかししてないで、すべきことに時間を使ったほうがいいと思うよ。
 
そもそも「アドバイス聞くより(読むより)自分で考えろ」って話なんだから、優秀な君がここまで読む必要もなかったはずでしょうに。
 
 
 
 

最後に

とにかく徹底的に考えて、自分でこうだと思った方法で就活をしたらどうですかっていう話です。愛の告白は、恋愛ノウハウ本読んでも成功しないことは知っているでしょう?
 
ここまでの話に意見があるならいくらでもどうぞ。
途中で話すり替えたり、議論するのを放棄したりしないのであれば、徹底的に付き合います。論破されて泣かされない準備しておいで。
 
 
 
ちなみにそこまで徹底して反論することができるなら、考える力は十分あるから、その勢いで就活もかんばってね。
 
 
 
 

追記

 もう一度。
就活において大事なのは「自分で考えて答えを導きだすこと」だと思っている。答え自体は間違ってもいい(企業が想定している答えと差があってもいい)とすら思っている。その過程で、その人の考える癖や、考える上で大事にするポイントが見えてくるから、過程が大事。
答えが大事だったら答えを教えるよ。当たり前じゃない。答えじゃなくてそこに行き着くまでのプロセスを踏むことに意味があるから、自分で考えろと言っているんだよ。
 
 
 
 
おまけ。話に出てきた良いアドバイスの例。
どうしても困ったら読んでもいいよ。
TOP