青空コメントアウト

WEBのこと、デザインのこと、ご飯のこと、趣味のこと。青空の向こうの誰かに届きますように。

シャリとネタの狭間で

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
疲れた身体に染みてゆくものといえば、栄養ドリンクであり、湯船であり、富士そばなのだけれど。先日はそうではなかったのである。染み込んできたものは…
 
 
 
 
f:id:cocoro27:20150214175151j:plain
これである。
 
あろえの細胞の隅々にまで染み込んできたものは、寿司だったのだ。もっといえば、新鮮な寿司の脂だったのだ。
 
 
 
 
f:id:cocoro27:20150214174845j:plain

(写真こちらから拝借)

 

えもいわれぬ安心感。

予定外な寿司欲求に応える年中無休。

期間限定ネタの美味いこと。

 

この3本柱に支えられたすしざんまいで、炙り3貫に始まり納豆手巻きに終わるまでの総勢20貫が、全身に染み込む体験をしてきたのだ。夢心地とはこのことだ。

ちなみに夢は、シャリのベッドでネタの毛布を被って寝るような内容だった気がする。とても幸福な時間だった。

 

 

 

ああ…願わくば今再びあの夢を見たい…。

 

TOP