読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空コメントアウト

WEBのこと、デザインのこと、ご飯のこと、趣味のこと。青空の向こうの誰かに届きますように。

雪の降る日は参鶏湯を食べよう

// ごはんとおかずの話
 
一人飯にはまってます、あろえりーなです。
目の前のご飯に専念できていいよ、一人飯。
 
今日は雪の降る寒い日で、しかも朝から何も食べてなくて空腹で。こんな日は何を食べようか迷うこと1時間と25分。最後まで油断することなく熟考ののち、近所の参鶏湯屋さんに行くことに。
 
ちなみにCOCAさんおすすめ。
(COCAさんについてはこちらを参照)
 
f:id:cocoro27:20150205171614j:plain
店内。カウンター席はいいよね。
「今作ってるのはあろえのかな…。あ、違った…」とか「あんなのもあるのか…追加注文しよ」とか料る過程を見ながら楽しめるし、料理が出てきたらそれに没頭できる閉鎖感もいいよね。どうせ一人だし。
 
 
 
f:id:cocoro27:20150205171627j:plain
思ったよりメニューが多い。しかも全定食サラダとおかず付き。ご飯は1回までお代わり無料。ありがたいけど、回数制限付きって…過去に100杯くらいお代わりされた苦い経験でもあるのだろうか…。
 
 
 
そんなことを思いながら5分経過。
 
 
 
うーむ。
1番人気の参鶏湯もいいけど、スンドゥブも好きだし…。ユッケジャンはカルビもりもりらしいし…迷う。全部くださいと言いたいのを我慢して注文を。
 
 
「すみませ〜ん、参鶏湯定食ひとつ(結局)」
 
 
 
 
f:id:cocoro27:20150205171638j:plain
おかずってのはこれか。なかなかうまいぞ。にしてもおかずって。呼び名的にどーなの。おかずはご飯ありきでおかずなわけで、悪は正義ありきで悪なわけで、みたいな。
 
 
f:id:cocoro27:20150205171651j:plain
きたよきたよきたよきたよ。
グツグツグツグツ。あ、これあろえのお腹の音だ。
 
さーて。これを、こうして、こうですよ。
…ふおおおおおお。たまらん!!
(音声のみお楽しみください)
 
 
さすがにこれだけだと何のステマにもならないので、嬉し美味しいビックリポイントをご紹介。
 
 
1. 鶏山の一角
見えてる鶏肉は文字通り氷山の一角。鶏肉の塊がどぼんと入ってましたよ。骨つきのごっついやつ。下手したら近所の子どもたちに鶏地獄とか呼ばれるレベル。あろえなら鶏天国って呼ぶけど。
 
 
2. 地底湖の白飯
半分くらい食べたところで白飯お代わりしたのね。で、待ってる間ぐつぐついってる鍋底をほじくり返してたのね。そしたらご飯出てきたよ。え、お代わりここから出てくんの?
 
そんなわけで。味がしっかり染みたご飯をおかずに、お代わりした白飯を食べました。
 
 
 
 
…参鶏湯ってそーゆー食べ物だっけ?
 
 
 
 
と、まあこんな具合にね。今日も良い昼ごはんを食べられましたとさ。1日に3回しかご飯食べられないわけだし、1回1回は真剣に食べないとね、やっぱり。
 
これ見て参鶏湯食べたくなったひとー。
この食いしん坊め。
 
 
 
 
ではまた。
 
TOP