青空コメントアウト

WEBのこと、デザインのこと、ご飯のこと、趣味のこと。青空の向こうの誰かに届きますように。

イライラに押しつぶされるその前に

ほとんど自分勝手な理由だったりするんだけど、対人関係でストレスがたまることがある。気遣いのない言葉だったり、嫉妬だったり、その理由は様々なんだけど、その理由の根底にあるのは「相手に期待しすぎているから」だったりするんだけど、そこまで頭でわかっていてもストレスは溜まる。

で、ストレスが溜まると嫌味を言ってみたくなったり、そっけない態度をとってみたくなったり、八つ当たりしてみたくなったりと、とにかくクソなことをしたい衝動に駆られる。とても具体的にそれらをするイメージが脳に流れ込んでくる。そして実際に実行に移すといくらかストレスは発散でき、グッと堪えると消化しきれないイライラがちょっとずつ体内に溜まっていく。 溜まったイライラは単体ではとても小さいことなのだけれど、蓄積量が一定に達したとき爆発しどうにも自分を制御できなくなる。

この爆発が、先日生きてて初めて起きたのでした。

本題の前に

ここで言う「ストレス」は正確な言葉の定義と少しズレるので、以降は「何かをきっかけに起きる突発的なイライラ」を瞬間的イライラと表現します。そして「脳内に蓄積されていくイライラを内在的イライラと表現します。

イライラのスパイラルにはまるとどうなるか

最近突発的イライラが起きやすいなと感じていて、自分の器が小さくなっているんじゃないかと思っていました。それも一理あるのかもしれませんが、もしかしたらイライラのスパイラルに陥っているのかもしれないと気づきました。

スパイラルはどうやらこのようなメカニズムのようです(自分調べ)。

  1. 内在的イライラが溜まってくるとそれを思い返して不快な気持ちになる頻度が高くなる
  2. 不快な状態のときは沸点が低くなる
  3. 沸点が低いため突発的イライラが起きやすくなる
  4. 突発的イライラが起きたときに発散できず内在的イライラが蓄積される
  5. さらに内在的イライラが高まり①に戻る…

そうこうしているうちに内在的イライラは限界値に達してしまいました。

ストレス発散法を実践しろよ、という話

「ストレス発散」って言葉がありますが、意味合い的には「イライラ発散」が近そうなのでここでもそう表現します。

自分はイライラ発散できていると今まで思い込んでいました。イライラしたら暴食したり寝たりしたくなっていたからです。でもそれは単に「イライラしたときにすること」であって、決して発散できているわけではありませんでした。その証拠に、食べているときも食べた後もイライラしたことをずっと考え続けていました。

今の自分に思いつく本当のイライラ発散方法は上述の人間としてクソな行動をとることくらいなので、本当にまずい状態なわけです。

熱中できることをしてみてもそれをする最中で別の突発的イライラが発生してしまうし、よく聞くストレス溜まりにくい体質の条件にもストレス溜まりやすい体質の条件にも当てはまるし、自己解決できない状態にまでなってしまっているようです。自体は深刻です。

予防策と対処策を考えたい

とりあえずここまで殴り書いてみて、こうやって整理するだけでも少しは内在的イライラが減ったような気がします。自分が悪いんじゃない、状況が悪いんだ、って外の要因のせいにできたからですかね。都合のいい脳みそです。

でもこれだけじゃ足りないので予防策と対処策が必要なんです。が、これは今後も研究が必要です。ひとまず今思いつくのはこんな感じです。

  • 無理矢理でもいつも笑顔でいる(笑顔でいると物事を不快に感じにくい体質のよう)
  • 突発的イライラを感じたときは客観的に見て状況に要員がないか考える(他責にして誤魔化す、でも人のせいにしちゃダメ)
  • 内在的イライラが溜まったときは文字に起こしたり気の置けない関係の人にやんわ〜りと話す(内在的イライラから不快・不機嫌になるのを一時的に抑える。根本解決にはならない)
  • コーヒーを豆から淹れる(瞬間的イライラをちょっとだけ癒やしてくれる、ときもある)

さいごに

殴り書いて発散してしまったことで不快感を与えてしまった方がいたらごめんなさい。でもなんだか書きたくなったんです。

イライラに押しつぶされる前の足掻きです。

私は習慣化できない

f:id:cocoro27:20171108162634j:plain

習慣化できることとできないことの境界線を知る

筋トレ、お弁当作り、瞑想、ストレッチ、英文の音読、DailyCommit…。やってみて続かなかったものなんていくらでもある。「貴様は今までに食ったパンの数を覚えているのか?」というやつだ。

そのくせスプラトゥーン2の練習は毎日欠かさず2時間もやっていたりする。

なぜ続かないのか。続くものと続かないものの差は何なのか。それが最近見えてきた。そういう年頃だ。

  • 結果がはっきり見えないと続かない(自己評価できないと続かない)
    例) なかなか体重の減らない筋トレ
  • 定期的にアウトプットして評価を貰えることじゃないと続かない
    例) 英語の音読
  • 評価に対する価値が薄い(褒められようがダメになろうが何も感じない)ものは続かない
  • 最大でも月に1回くらいは自己/他己評価がないとだめ
  • 「お腹が減っているとできないこと」だと続かない



習慣化できないものは習慣化しない

習慣化 =「終わりを決めずに今後ずっとやる」もの、とする。

習慣化できるラインを割っているものは、最初どれだけ勢いがあってもどうせ続かないので、最初から習慣化しようとしない。それでも習慣化に近しい効果を得られる、もしくはいずれ習慣化に発展する可能性を秘めている方法を思いついた。

  • 期限付き習慣化式
    例) 今月1ヶ月だけダイエットする
  • 思いついたときだけやる式
    例) 身体凝ったなあと思ったときだけストレッチする
  • 習慣化できる人と一緒にやる式
    例) 友だちと一緒にジムへ行く
  • 行為の一部を習慣化する式
    例)本を30分読むなら、本を買うところだけ習慣化させる



アメとムチはどちらもあげない

どちらを与えたところで続かないものは続かない。 続くものは、続ける楽しさ自体がアメになるし、成果が出にくいことがムチになるのだ。そうならない時点で続かないから続けることは諦める。大人になってみたら「嫌でも何でも絶対続けないといけないこと」なんてそうそうなかった。もう面倒臭い宿題も苦しくてつらい部活もないんだ。さよなら青春。



そもそも習慣化する目的を見つめ直す

習慣化の代替案まで出しておいて今更だけれど、なぜ習慣化するのかを見つめ直すのは案外大事だったりする。習慣化それ自体を目的にするより、習慣化の先にある目的を見据えたほうが嫌々ながらも続ける根性が湧き出てくることがある。また、習慣化しなくても目的を達成できる方法を見つけられたりする。

過去に習慣化しよう! と思い立った場面を思い返してみると「こんな自分になりたいから○○を毎日しよう」と考えることが多かった。でもよく考えてごらん。その理想は今までの自分の生き様とはかけ離れた存在じゃないかい? その理想は「ワーキャー言われたい」という理由で思い立っただけの、気の迷いに近いものなんじゃないかい?



それでも習慣化したい

最後に、最近気づいた一番大事だと思うことを。
習慣化というのはするものではなくて、勝手に習慣になっているものなんじゃないかい?

習慣化しよう! そう意気込んだ時点で、それはもう習慣になることはないだろう。お前はそういう人間だということを自覚するんだ、あろえよ。

プライドに振り回されて疲れてしまった自分へ

f:id:cocoro27:20170927192252j:plain

プライドには2種類あるんじゃないかと最近気づいた。

一つは自己満足型

自分の出した成果や結果に対して持つ自尊心だったり、他人の言動に関わらず自分自身の評価軸において認められるものだったり、そういう類のものを持っていることが自己満足型のプライドだ。

たとえばエンジニアなら「これだけユーザーのことを思って、これだけ細部まで気遣いの行き届いた、すごいものを作ったんだ」というプライドがこれに該当する。一般的に「プライドを持つのは良いこと」といった話をするときに想定される「プライド」とは自己満足型のことだと思う。よくアスリートなんかが持っていてかっこいいと言われるようなプライドもこれだと思うし、ストイックさもこれに起因しているのかもしれない。



もう一つは比較型

あの人より自分のほうが優れている、という誰かとの比較から生まれるプライド。悪い意味で使われるときの「自尊心」という言葉の意味に似ている。また、悪い意味で「プライドが高い」と言われる人が持っているのがコレなのかもしれない。

エンジニアの例で言えば「あの人より自分のほうが優秀なエンジニアだ」と思うことだ。結果や成果に対してではなく、人と人で比べて自分のほうが上だと思い込むことで生まれる。そして一度自分より下だと評価した相手のことを、以降過少評価し続ける。



ここまでで十分わかるように、後者の比較型のプライドがとても厄介だ。誰かを否定することと同義だからだ。プライドを保っている間ずっと誰かを見下している。そのせいで自分の悪い結果やプロセスを見直す機会を失うことになるだろうし、素直に教えを乞うことができないだろうし、ろくなことがない。

周囲の人からしても、このようなプライドを持つ人は「人の助言を聞かない人」「相手によって態度を変える人」と見えることがあるだろうし、直接関わる人からしたら更に嫌な気持ちになるだろうから、やはりろくなことがない。



……と分かっていても、気づかぬうちに比較型のプライドを持ってしまうのが人間だ(もちろんこんな醜いものを持たずに生きている素敵な人もいるはずだ)。
そういうプライドを気づかぬうちに持って疲弊したことが何度もあるし、そういうプライドを持っている人を軽蔑したことも何度もある。いずれの場合にも言えることは、すごく疲れるということだ。精神的に。

だからそんな疲れから少しでも解放されたくて、プライドというものについて考え直してみた。そして2種類あることに気づけた。
気づいてしまうと、自分が誰かを蔑んでプライドを保とうとしたときに「ああ、また比較型になってきてるな、やめよう」と冷静に対処できた。他人が比較型のプライドを持っているのに気づいてしまったときも同様だった。意味の分からない負の感情に振り回されると疲れるが、正体が暴かれた負の感情に対しては対処できる。それに気づけただけでも、小さな成長をしたのだと僅かばかりに自分を評価してもいいんじゃなかろうか。自己満足型のプライドの第一歩として。

Macを新調して最初にすることリスト -WebFrontの人の場合-

f:id:cocoro27:20170618194037j:plain

最近プライベートでMacを新調しました、あろえりーな(aloerina_)です。

パソコンを買い替えたときに最初に思うことは「今までの作業環境とまったく同じ状態にしたい」ということなのですが、毎回なにをどう設定していたか思い出せず苦労します。たまにしかしないことはちゃんとメモしておかないとだめですね。というわけで、未来の自分のためにメモの残しておきます。参考になる部分があればと思いブログで公開するかたちをとることにしました。

続きを読む

Vue2.x系のハマりどころ templateとコンパイラを完全解説するよ

f:id:cocoro27:20170308195311p:plain

Vue2.xでは仮想DOMが使われるようになりました。それに伴い、「Vue用のテンプレート」を「仮想DOMをレンダリングするための関数」に変換するという処理をコンパイル時に行ってくれる仕組みが組み込まれています。

そして、お手軽にVueを試したい人、プロダクトにVueを使いたい人、コンポーネント志向でアトミックに実装したい人など、様々な用途に応じたテンプレートの書き方(&コンパイルの方法)を用意してくれています。

そのためテンプレートの書き方とコンパイルの種類については仕様がやや複雑で、公式ドキュメントだけでは理解が難しくけっこうハマりどころだと感じている(事実ずっぽりハマりました)ので、知見を残しておこうと思います。

※この記事を書いている時点でのVueのバージョンは2.2.1です。

続きを読む

逆引き!フロントエンドのイマドキパフォーマンス改善

f:id:cocoro27:20170118182205j:plain

WebアプリにしろWebサイトにしろパフォーマンスはとても重要です。どんなに高機能であっても、どんなにデザインが良くても、パフォーマンスが悪ければユーザーは離れてしまいます。
とは言え現場はキツキツのスケジュールで、パフォーマンスにまでこだわる余裕がないよ!パフォーマンスはひとまずできる限りのところまで頑張るよ!となってしまうこともあるかと…。

この問題の解決の糸口はパフォーマンスを良くする手段をどれだけ知っているかです。仕様を決めるとき、デザインを決めるとき、実装するとき、それぞれのフェーズでパフォーマンスを常に意識していると自ずとハイパフォーマンスに近づきます。

というわけで今回はフロントエンドの観点から、イマドキのパフォーマンス改善手法をまとめてみました。イマドキと謳っておきながら2年前くらいの技術が出てきたりして最新の話題でもないのですが。

ちなみに、本題に入る前にWebパフォーマンスの基本として押さえておくべき本を紹介しておきます。どうぞ遠慮なく離脱してポチりに行ってくださいませ。

ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール

ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール

  • 作者: Steve Souders,スティーブサウダーズ,武舎広幸,福地太郎,武舎るみ
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2008/04/11
  • メディア: 大型本
  • 購入: 32人 クリック: 676回
  • この商品を含むブログ (127件) を見る

続・ハイパフォーマンスWebサイト ―ウェブ高速化のベストプラクティス

続・ハイパフォーマンスWebサイト ―ウェブ高速化のベストプラクティス

続きを読む

コールバック・ナイト

さてお立ち会い。
せっかくだし、ではなくて、特に話すこともないし、今回は僕のクリスマスの話をしようと思う。今となってはいつのクリスマスのことだったか曖昧だし語るに足りないエピソードなのだけれど、そこは語るに落ちるというか、語った結果オチが付いたらラッキーという感じで。

そんなわけで。
以下、回想。

続きを読む
TOP